読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第7節 アーセナル VS バーンリーFC】 ドロー寸前劇的アディショナル弾で勝ち点3奪取!

■結果・スタッツ

プレミアリーグ】2016/10/2(日)
アーセナル(A) 1-0 バーンリーFC


【得点】
93’ 1 - 0 コシェルニー

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20161004221624p:plain

 ■ノーローテーションがデフォルト 

f:id:tsuda929:20161004221735j:plain

9.28のCLからはオスピナがチェフに変わっただけ。
9.24からは怪我のコクランがジャカに変わっただけ。
相変わらずローテションをしない(GK除く)ヴェンゲル采配。



微妙な変化だが、ジャカとカソルラが位置を入れ替え。

 

(交替)
・ ジャカ → エルネニー(71分)
・ イウォビ → チェンバレン(71分)

 

■戦評:攻めきれない展開も劇的アディショナルタイム弾で勝ち点3

ボールは持てるが攻めてがない展開。
バーンリーの守備陣が引いているのでスペースがなく、裏のスペースもない。
こうなると0トップの欠点である高さの欠如が際立つ。
(でもジルーはベンチにもいない)

71分にジャカ、イウォビに変えて、エルネニー、チェンバレンをいれるも
変化を与えることは出来ず、時間だけが過ぎていった。

そしてアディショナルタイムの2分も過ぎた最後の1プレー。
ショートコーナーからサンチェスが上げたクロスのこぼれ球を
チェンバレンとコシェルニーが重なりながらゴール。


公式記録はコシェルニーのゴールとなったが、ほぼチェンバレンのゴールであった。
(この際、ハンドだろうが、オフサイドだとかは関係ない。)

ともあれドローかと思われた試合で勝ち点3を獲得。
こういう拾い方は、悲願の優勝に向けて非常に重要な試合である。

そしてついにマンチェスタシティーがトッテナムに敗戦。
これで首位マンCとの勝ち点差も2。

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

広告を非表示にする