アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【ELGr.H-5 アーセナル VS ケルン】 攻撃の創造性の欠如でEL初の敗戦、、、でも首位通過決定

■結果・スタッツ アーセナル(A) 0-1 ケルン


【EL】 2017/11/23(木)
アーセナル(A) 0-1 ケルン


【得点】
62’ 0 - 1 ギラシー(PK)

 

■怪我明け3人加えて全取っ替え

f:id:tsuda929:20171124190945p:plain


リーグ戦から11枚全員交代
11.2レッドスター戦からは3枚交代
OUT:メイシー、ウィロック、ネルソン
IN:オスピナウェルベック、チェンバース

決勝T進出も決まってるっってことで、
リハビリの場に・・・
ウェルベック、チェンバース、オスピナが復帰。ジルーも代表の怪我明け。
ウォルコットはどうした?怪我とか情報あったかなあ?


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20171124191005p:plain

 

■戦評:ボールは持てるしパスも回るが決定機を演出できず敗戦


ゲームは支配してたけど数少ないピンチでPK与えて
得点奪えず敗戦。
正直得点の匂いのしないつまらない試合だった。

スタッツ見ても分かる通りボールは持てるし、パスも通る、シュートも打てる。
でも決定機が創出できない。
一言で言うと「創造性の欠如

ウィルシャーだけはいろいろやろうとしてたけど、
周りがそれに呼応することなく、パスの出し手がない状態。 Embed from Getty Images
後半イウォビやネルソンが入って何度かドリブルで撹乱させてたけど、
どちらかというと個人技より。

両WB、ネイトランドナイルズ、チェンバースとも
効果的な上がりはほぼ皆無で、
唯一コクランが効果的な攻めを見せていただけで、
攻撃はほぼ前の3枚だより。
コクランも攻撃に関しは一流とはいえない精度なんで
得点を決める予感がない。

いっその事、ウィルシャーボランチにして、
前にネルソン君(17歳)を使った方が良いのではないかと思う。Embed from Getty Images

そして今のウィルシャーなら、
リーグ戦でもジャカとボランチ組んでもらいたい。
ジャカのロングフィードウィルシャーの攻撃センスのコンビってワクワクするぞ

ともかく、
レッドスターが引き分けたので首位通過も確定!
これで最終戦もメンバー全取っ替えで挑める。もっと若手使うかな?

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ