アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【2018-19シーズン総括】FW編

※10段階で10が最高点。

 

FW編

Embed from Getty Images

アレクサンドル・ラカゼット 8

13ゴール8アシストという見事な成績。

序盤は途中交代が多かったが、オーバメヤンとのコンビがうまく行き始めると、ゴールを量産し、持ち前のハードワークもあって欠かせない存在となった。ただし終盤は中盤との距離感が空きすぎて、ほぼオーバメヤンと2人でのゴールをこじ開けてしまった。ここまでうまくいかなることも予想されるため、来シーズンに向けては攻撃の形が課題である。

 

 

PEオーバメヤン 8

22ゴール5アシストでファンベルシー以来となる得点王を獲得!

前半はボールがなかなか出ずに消える試合もあってモヤモヤしたが、終盤の決定力は凄まじくゴールを量産。見事得点王に輝いた。簡単なシュートを外すのはご愛嬌。

 

エンティケア 6

ウェルベックの怪我でもう少し出番があるかと思いきや、出番は増えずに結果を残せなかった。ただPL最終節の初ゴールは、誰もがオーバメヤンのゴールを期待していたタイミングだっただけに、ズッこけたが、何はともあれPL初ゴールである。

 

ダニー・ウェルベック 5

怪我に泣かされたシーズン。そしてそのまま契約満了。

まあしょうがないというべきか。ただホーム最終戦でのセレモニーまで発表がなかっただけに、少し唐突な退団となった。

 

 

arsenal2014.hatenablog.com

 

arsenal2014.hatenablog.com

 

arsenal2014.hatenablog.com

 

 

↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ