アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第25節 アーセナル VS マンチェスター・シティ】 師弟対決は、開始2分の失点で敗戦

 ■結果 アーセナル(H) 0-1 マンチェスター・シティ


プレミアリーグ】 2021/2/21(日)
アーセナル(H) 0-1 マンチェスター・シティ


【得点】
2’ 0 - 1 スターリン

 

 

■DF陣入れ替えて4-2-3-1

f:id:tsuda929:20210225200822p:plain



ELベンフィカ戦から実に5枚交代
OUT:スミス=ロウ、セバージョス、セドリック、ガブリエウ、Dルイス
IN:ペペ、エルネニー、ティアニー、パブロ・マリ、ホールディング

想定以上の入れ替えを敢行。特にDF陣を大幅に入れ替えた。
CBは、ガブリエウ、Dルイス→マリ、ホールディングにコンビで交代させた。

【スタッツ】

 

f:id:tsuda929:20210225200842p:plain

 

 

■戦評:開始2分で失点し、反撃できずに敗戦


開始2分であっさり失点。
その後は持ち直して、適切な守備対応するも、攻撃がなかなかうまく行かず、反撃できずにそのまま試合終了。
悪くはなかっただけに、悔やまれる開始2分の失点となった。

M.O.Mは、サカ
この試合で唯一の可能性はサカだった。カンセロを抑えつつ攻撃で唯一の可能性だったが、明確な結果を残すことはできなかった。次点はパブロ・マリ。

 

《悪かった点》

開始2分での失点
…こちらが相手の陣形、戦術に慣れる前に仕留められた。ホールディングがマークを外してしまった形となったが、それ以外のプレーが良かっただけに悔やまれる失点。

見えない攻撃の糸口
…これは、相手戦術を守備からうまく潰した反面、攻撃の手段も失ってしまった。唯一サカのところだが、流石に一人ではどうにもできなかった。

 

《良かった点》

マンCを自由にさせない守備戦術
…細かな部分は分析ブログに譲るとして、ポジションチェンジを繰り返し、スペースを作り出すシティに対して、できる限りの対応ができていた。カンセロにはサカがついて、CFにはCBがしっかりついていいて、DMFがそのエリアをカバーして。開始10分見た感じだと何失点するのか不安になったが、その後の対応は良かった。

 

ボールを繋いで守備を剥がすことに成功
…シティ相手にも臆することとなく、自陣からしっかりボールを繋いでワンタッチパス、ドリブルを交えながらうまく相手陣内に攻め上がった。結果としてそこから先が難しかったわけだが、ここまでの組立ができているのは、いい材料だろう。

 

パブロ・マリというCB
…最も驚いた起用がマリだったが、対人対応ではガブリエウに遅れをとるが、ポジショニングとサカへのフィードで存在感を示した。

 


確かに実力差は感じたが、可能性も感じる戦いだった。
最初の失点がなくても良くてドローだったかもしれないが、なすすべなくやられる姿はなく、好調マンCにも対応できることは示せた。

ともあれこれでさらにELの重要性が増した。木曜日は勝つしかない!

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ