アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第1節 アーセナル VS ブレントフォード】 2021-22シーズンの開幕は期待を打ち砕かれる惨敗から

 ■結果 アーセナル(A) 0-2 ブレントフォード 

プレミアリーグ】 2021/8/13(金)
アーセナル(A) 0-2 ブレントフォード


【得点】
22’ 0 - 1 セルジ・カノス
73’ 0 - 2 ノルガールド

 

 

■ロコンガ、ホワイト アーセナルデビューで4-2-3-1 

f:id:tsuda929:20210817191532p:plain


2021-22シーズンの開幕。待ちに待った開幕!
オーバメヤン、ラカゼット両FW体調不良による欠場でバログンPL先発デビュー‼
(体調不良の詳細は公表されず)
そして新加入のホワイト、ロコンガが揃ってスタメン起用された。
EURO帰りのサカはベンチスタート。

怪我のガブリエウ、パーティは欠場。

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20210817191636p:plain

 

■戦評:昇格組ブレントフォードに完敗。不安な開幕。

PL2021-22シーズンの開幕は落胆からはじまった。
嫌な予感はあったが、昇格組のブレントフォードに完敗。歴史的1勝をプレゼントした。
攻撃ではボールは持ててるものの単調になりシュート22本打ちながら枠内はわずか4本。それもペペのシュート決定機は1回だけ。
守備ではFWトニーへのロングフィードで競り負けてセカンドボールを拾われる展開。
オーバメヤン、ラカゼットが不在という影響はあったものの、おそらく結果は変わらなかった気がする内容だった。

M.O.Mは、スミス=ロウ
新10番が初戦のMOM。敗戦の中でワンタッチパスや瞬時に前を向き&ドリブルなどやはり期待させるものを見せてくれた。

《悪かった点》

ティアニー単騎攻撃に陥った左サイド
…ティアニーのクロスが攻撃のポイントになることは分かっていたが、そのクロスまでの過程が、マルティネッリ、ジャカと連携することができずに、単騎での縦への持ち込みだけになってしまっていた。後半14分にサカが入って改善されたが、それまでは機能しなかった。

 

PL先発デビューとなったバログンなにもできず…
…期待値は大きかったが何も残すことができなかった。サカと交代したためサカが入ってからどうなったか見れなかったのは残念だったが、不発と言わざるを得なかった。

 

《良かった点》

前への推進力のあるサンビ・ロコンガ
…デビューとなったロコンガ。その存在感を示した。常に前を向くことを意識ているため何度か中央で前を向けて攻撃の起点となっており、ドリブルも交えて相手にズレを生み出していた。最後の部分は合わない部分もあったが期待させるものがあった。

 

動きの質の高いスミス=ロウ
…やはり新10番のこの男は一味違う。右サイドで開くことも多かったが、ペペとの連携もあり、相手を崩せていた。中央を切り込んでのシュートは実に惜しかった。

 

 

兎にも角にも、開幕ダッシュでつまずいた。
昨シーズンを払拭したかったのに、完敗スタート。
ここから対チェルシー、対マンCと続くだけにこの試合は勝っておきたかったのだが…

この試合で流行りもう1枚攻撃の変化を生み出せるカードが必要だと再認識させられた。マディソンは難しいかもしれないしれないがオーデゴールはやはり欲しい。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ