読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【CL Group D 第1戦 アーセナル VS ドルトムント】 あぁ、完敗。

チャンピオンズリーグ

チャンピオンズリーグ 】2014.9.17
アーセナル 0 - 2 ドルトムント(H) (シグナル・イドゥナ・パーク)

【得点】
45' 0-1 C. インモービレ
48' 0-2 ピエール・オバメヤン

【スタッツ】
ポゼッション 56%-44%
枠内シュート 1-7
枠外シュート 4-16

マンチェスターC戦からフラミニがアルテタに、怪我のドゥビッシーに代わって
19歳のベジェリンがCLデビューのスタメン入り。布陣は4-1-4-1を継続。

 

f:id:tsuda929:20140922094901j:plain

試合は完全にドルトムントペースで、ゲーゲンプレスにまんまとはまり、
ボールを保持しても高い位置からのプレスにボールがつなげず、ボールロスト。
そうすると真ん中 中央にはアルテタ一人でどうにもできず。
それでもコシェルニーのカバーリングでなんとか抑える。。。そんな展開。
攻撃では、エジルラムジーが完全に蚊帳の外でなにもさせてもらえない。

そしてなんとか前半を乗り切れるかと思った前半45分。
インモービレの強引な突破から、狙ったのかたまたまなのかわからない
ダブルタッチで抜け出し失点。
この失点が実に痛かった。これがなければ…。

悪い流れは続くもので後半開始直後に、グロスクロイツから浮き球のパスから
オーバメヤンがGKシチェスニーをかわしてゴール。
ここからはドルトムントもゲームをコントロールしボゼッションだけは増えたが
なかなかチャンスは作り出せず、ウェルベックの決定機を決めきれず、完敗。

この走行距離の差は凄まじいな。
ひとり1kmほど違うってことか?!しかもドルトの場合は走りの質が高いから、
1人多いのと同じなのかもしれない。これはドルトのプレスが機能するわけだよね。

ドイトムント:119.80km
アーセナル:108.45km

 

見どころはポドルスキのすね当てが見当たらずにエジルに借りるっていう
なかなか見られないシーンだった。
今シーズンのポドルスキのモチベーションが上がってないように見えるのが
気になるなあ。やっぱり移籍したかったけどできなかったのかと考えてしまう。