アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第23節 アーセナル VS アストン・ヴィラ】 開始2分の失点が響いて悔やまれる2連敗で上位返り咲きのチャンスを逸する

 ■結果 アーセナル(A) 0-1 アストン・ヴィラ


プレミアリーグ】 2021/2/6(土)
アーセナル(A) 0-1 アストン・ヴィラ


【得点】
2’ 0 - 1 ワトキンス

 

 

■第2GKデビューで4-2-3-1

f:id:tsuda929:20210208184048p:plain


前節から2枚交代
OUT:Dルイス、レノ(レッドカードの2人)
IN:ガブリエウ、ライアン

ライアンは怪我からの復帰が危ぶまれたけど、なんとか間に合ってガナーズデビュー!
奇しくもE・マルティネスとのGK対決となった。

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20210208184104p:plain

 

■戦評:開始直後の痛い失点で反撃及ばず敗戦

大荒れの前節を払拭するべき試合で、開始2分にセドリックのミスから失点。
そこから一進一退の攻防で何度か決定機を迎えるも決めきれずに、終盤たたみかけるもゴールは遠く敗退。

M.O.Mは、ライアン
開始2分の失点はもったいなかったが、その後は再三シュートをセーブし、弾き方も危なげない場所に弾けれおり安心感があった。これでレノ不在時も心配ない。 Embed from Getty Images

《悪かった点》

 開始2分の失点とコンディションの上がらないガブリエウ
…ヴィラ相手にやってはいけないミスがでてしまった。セドリックのガブリエウのコンビミスから失点。セドリックはそこ以外は悪くなかっただけにほんとにもったいなかった。ガブリエウはコロナ離脱前のパフォーマンスが嘘のように落ち着かないプレーが続いている。ビルドアップもなかなか楔のパスを入れられずに、ジャカ、セドリックに預けるケースが多く序盤のパフォーマンスには及ばなかった。

 

違いを作れなかったオーバメヤンとウィリアンの起用
…59分にラカゼットと交代で入ったオーバメヤン。結果的にはラインが下がりきっている状態で上手くプレーに絡めず。結果論だがマルティネッリだったらと思わずにはいられなかった。
 一方74分にトーマスの負傷で入ったウィリアン。中央で使われると思ったら左WG。(ペペが右WGへ)しかしぺぺ、サカのコンビニ比べてスピード感がなく、バックパスも多く攻撃を演出できなかった。悪いとは思わなかったが、違いは生み出せなかった。それならセバージョスを起用してほしかった。

 

トーマスの負傷交代
…プレーは良かったが、またもや負傷交代。大怪我というわけではなさそうだが、またもやフルタイム戦えなかった。怪我が癖になりつつあり、いやな流れである。どこかで断ち切らねば第2のディアビになってしまう。

 

《良かった点》

 連動性のある両サイドの攻撃
…左サイドではペペ、右サイドはサカが中心となって、スミス=ロウが絡んで、SBがインナーラップで動きをつける。うまく連動してい良い組み立てが何度か見られた。ペペはすっかり復調して、球離れも良くなってPA内への侵入も幾度となくしていた。あとはシュートを枠内に飛ばすだけ…。Embed from Getty Images

 

オーデゴールの可能性にロマン
…65分から投入されたオーデゴール。スミス=ロウとの併用で、投入直後はスミス=ロウが右WG、オーデゴールがトップ下。ウィリアンが入ってからは、ジャカをアンカーにして、4-1-2-3の婦人の2列目にはいった。デビュー戦となったマンU戦よりも時間ももらえてボールに絡んで、球離れの良さやパスセンスを何度か見せてくれた。83分の決定機は枠には飛ばしたかったが、可能性を大いに感じた。スミス=ロウと近距離でプレーしている姿はまさにロマンだ。Embed from Getty Images

 

いずれにしても波乱の前節の嫌な流れを払拭できずに2連敗。
せっかく連勝であげってきた勢いを止めてしまった悔やまれる敗戦。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ