アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第33節 アーセナル VS サウザンプトン】 まさかの3連敗で遠のくトップ4

 ■結果 アーセナル(A)   0-1   サウザンプトン

プレミアリーグ】2022/04/16(土)
アーセナル(A)   0-1   サウザンプトン


【得点】
44’  0 - 1 ベドナレク

 

■4-2-3-1 エンケティアスタメン

前節から2枚交代
OUT:ラカゼット、スミス=ロウ

コロナで離脱のラカゼットに代わってエンケティアがスタメン
WG、サカとマルティネッリは左右を入れ替えた


【スタッツ】



 

■戦評:CK崩れから失点して、あとはボール保持するも決定機作れず敗戦

3連敗。あぁ、3連敗。
まさかの3連敗。ここでの3戦で0ポイントは想定外すぎる。
スタッツでも圧倒的に保持していたのはわかるが、決定機が少なすぎた。
課題であるオフザボールの動きが足りなすぎで相手の陣形を崩せずゴールが遠く。


M.O.Mは、ガブリエウ
前線が結果を出せなかったこともあっての選出。安定感はあったが…

 

《悪かった点》

可能性を感じないセドリックのFK
…FKから2本連続で大きく枠を外し、流れの中からもクロスを幾度と上げるもタイミングも想定内過ぎてDFに簡単にはじき返されて効果的な攻撃とはいかなかった。

 

相手を崩すオフザボールの動きの少なさ
…ひかれた相手を崩す手本はマンCがはきっりと示してくれていて、インサイドから斜めの動きでCBを動かして、そこに誰かが入り込む。ここが全く足りなかった!これをジャカに期待するのは厳しいのでウーデゴールに入り込んでいってもらいたい。

《良かった点》

タバレス、ロコンガのプレー
…ここ数試合とはまったくことなったタバレスのプレー。落ち着いてポジショニングも悪くなかった。ロコンガももっと、前を向ければよかったが、一時期のポジショニングの悪さは目立たなかった。


とにかく3連敗。
痛すぎる。これではトップ4は夢のまた夢に…。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ