アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第24節 アーセナル VS トッテナム・ホットスパー】 ウェルベック復帰も、守備的+ショートパス速攻機能せず

プレミアリーグ】2.7
アーセナル(A) 1-2 トッテナム・ホットスパーホワイト・ハート・レーン

【得点】
11' 1 - 0 メスト エジル
56’ 0 - 1 ハリー・ケイン
86’ 0 - 2 ハリー・ケイン

【スタッツ】
ポゼッション 44% - 56%
枠内シュート 3 - 8
枠外シュート 4 - 15

前節からウォルコットOUT、ウェルベックIN
ようやくウェルベックがけがから復帰。即スタメン。
今週のミッドウィークがあるため、ウォルコットに無理させないための起用かと。
19歳ベジェリンは前節の活躍もあってまたもやスタメン入りした。

 

f:id:tsuda929:20150209205358p:plain

試合は早速11分にウェルベックの縦への突破から、マイナスへパス。
それをジルーがシュートし損ねるが、そのが上手くエジルにわたって
エジルはそのままボレーで決めて、先制

しかしその後はトッテナムペースで試合は進む。
シティー戦以来の守備的戦術でポゼッションは優先せずに守備的戦術
前半は守備陣も集中しており問題なかったが、後半はボールを奪っても
早いチェックに再びボールを奪われることが多く、完全にゲームを支配され、
56分にケインに押し込まれ、その後も押し込まれ続けて、ついに86分に
逆転をゆるしてしまう。

そしてそのまま攻めきれずに…。
大事な大事にノースロンドンダービーを落とした。

マンチェスター・シティアストンヴィラと守備的+ショートパス速攻戦術で
うまくいっていたが、この日は奪ってからのシュートパスをことごとく奪われた。
このショートパスでの速攻は、カソルラとサンチェスの守備からのパスワークと
ドリブルでうまれていたのであって、サンチェスがいないとなると、
ラムジーエジルがその役目をするのだが、どうにもサンチェスとは異なる。
右サイドのウェルベックも決してパスワークやドリブルがうまいわけではないので 
シュートパスを交えた速攻が機能しなかった
ここが機能しなければ、攻撃のバリエーションを持ってるトッテナム
攻撃をしのぎ切るのは至難の業であった。

なんせシュートが7本、枠内3本。
これでは結果が伴わないはずである。
守備的な戦術をとっても、速攻でシュートまでいかなければ
こちらのペースにはならないのである。
この日は、そうそうに先制したことで早くから守備的になったが、
試合途中で切替をできるようにならないと大事な試合を落とすことになる。

これでトッテナムに抜かれて6位に後退
さて、水曜日はレスター戦。ここは勝つしかない。

広告を非表示にする