アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第37節 アーセナル VS クリスタル・パレス】 救世主マルティネッリ登場ででPL4連勝

 ■結果 アーセナル(A) 3-1 クリスタル・パレス 

 【プレミアリーグ】 2021/5/19(水)
アーセナル(A) 3-1 クリスタル・パレス


【得点】
35’ 1 - 0 ぺぺ
62’ 1 - 1 デンベレ
91’ 2 - 1 マルティネッリ
95’ 3 - 1 ぺぺ

 

 

■前節の4-3-3から4-2-3-1へ戻した

f:id:tsuda929:20210522180427p:plain


前節から2枚交代
OUT:オーデゴール、パブロ・マリ
IN:ぺぺ、チェンバース

フォーメーションは4-2-3-1でへ戻した。

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20210522180514p:plain

 

■戦評:マルティネッリに救われた薄氷の勝利

 前半はボールを保持して斜めのパスでリズムを作り

左サイドをサカティアニーで崩してペペが仕上げ!先制点はいいコンビネーションから奪って見せた。

ところが後半パレスがDMCを抑えるフォーメーションを変えてから攻撃が組み立てられずに停滞。ボールは持てるが楔が入らず大外を回してるだけの時間が続き、ボールロストからピンチを招く。

 

そしてセットプレーから失点し追いつかれても流れは変わらず。

このまま試合終了かと思ったAT。

オーデゴールからのクロスにマルティネッリが飛び込んでゴールにねじ込み、

終了間際にはペペがエリア内で4人に囲まれるも小刻みなタッチからゴールを奪ってみせた。

 

結果としては3-1の快勝だが内容としてはいいものではなく課題だけが残った。

 

 M.O.Mは、ペペ

2ゴールで文句なしのMOM

2得点目は4人に囲まれつつも細かいタッチでゴールにねじ込んだ。

 

《悪かった点》

 対処された時のプラン変更力

…これまでも前後半で違うチームになってしまうことがあったが、いずれも相手の変化に対処しきれないことが多い。最初のプランがはまっているときはいいが対処されるとなす術がなくなる。交代作を含めてアルテタの適応力のなさが現れてしまった。

 

元気がなかったオーバメヤン

マラリア感染後エースの元気がない。この日もほとんど何もできずに交代。縦パスが出ないからサイドに流れることも多く、ゴール前で脅威になれていない。現状の戦力、戦い方でオーバメヤンを活かすことは難しい。

 

サイド攻撃しかできない攻撃のバリエーション

後半スミス=ロウがPAエリア前中央で前を向けたシーンで、誰も中央に入り込まず両サイドともにサイドに流れたシーンはガッカリした。ああいったシーンはゴール最短距離の中で勝負してほしい。

 

《良かった点》

 なんとかしてくれそうなペペの存在感

…この日は1対1でうまく対処して抜けなかったことが多かったが、それでも左サイドの崩しに入り込んだ得点。終了間際の4人抜きは見事。昨シーズンに比べて明らかに思いっきりが良くなった。

 

 持ってる男マルティネッリ

…やはりこの男持っている。救世主感が半端ない。希望である。

Embed from Getty Images

 

 

内容は誉めれないがとにかく勝って今シーズン初のPL4連勝。

結果として最終節に希望が残った。トッテナムエヴァートンの対戦相手を考えると可能性は十分ある。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ