アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第36節 アーセナル VS チェルシー】 圧倒的に支配されるもミスからゴール奪って逃げ切ってシーズンダブル達成!!

 ■結果 アーセナル(A) 1-0 チェルシー 

プレミアリーグ】 2021/5/12(水)
アーセナル(A) 1-0 チェルシー


【得点】
16’ 1 - 0 スミス=ロウ

 

 

■PL第14節(12/19)以来の3バック 3-4-2-1 

f:id:tsuda929:20210514090506p:plain

PL第14節(12/19)以来の3バック
前節から5枚交代
OUT:マリティネッリ、ぺぺ、ウィリアン、セバージョス、チェンバース、
IN:オーバメヤン、オーデゴール、ティアニー、トーマス、パブロ・マリ

まさかの3バック。実に12月以来。
前節左SBだったサカが右WBに入った。
3バックは真ん中にパブロ・マリが入った。


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20210514090524p:plain


 

 

■戦評:プレス作がハマってミス誘い先制し守り切る 

圧倒的にボールを保持されて、シュート機会も多くない。褒められた戦い方ではなかったかもしれない。
それでもプレッシングと引くときを明確にし、ズマで奪う意識がしっかり見えてチームとして統一されていたことは評価できる。
そしてその中でプレスからのミスがきっかけでゴールを奪えたことは素晴らしい。
もしかするとこの点がなかったらリスクを背負ってでも攻める作に講じたかもしれないが、結果として先制できたことでとにかく守った。
にしてもこのスタッツでよく勝てたものだ。正直力の差しか感じなかったが、こういう戦い方ができることは1つのオプションとして持っておくことは悪くない。Embed from Getty Images


M.O.Mは、スミス=ロウ
PL2戦連続のゴールもいいが、それ以外の動きの質もよく数少ない攻撃にも寄与していた。

《悪かった点》

 序盤にあったパブロ・マリのミス
…序盤にハヴァーツにミスから1対1を与えてしまった。これを外してくれたからよかったものの決められていたらこの日のプラン自体実行できなかっただろう。こういったミスはなくしたい。

ドリブルへの対応
…後半ハドソンオドイが入ってから、マークが付ききれず、マウントやギルモアらにPA内までドリブルを許しPKを与えかねないプレーを許した。これをやられ続けるといつかは失点につながるので侵入させない守備が必要だろう。

 

《良かった点》

 取りどころの明確なプレス
…この日はズマで下げさせて奪うというプランが明確で、そのスイッチの役割をオーデゴールが果たし、そこから連動できてた。後半はやや回避されつつもあったため別プランも欲しかったが、効果的であった。

 

トーマスとエルネニーのコンビ
…はやりこの二人のコンビは悪くない。エルネニーが動き回ってトーマスが回収し早く縦に付ける。役割が明確でいいコンビである。(ジャカとのコンビだと後ろに重くなりすぎる)※ただ逆にサカは目立った活躍はできなかった。

 

ともかく貴重な勝ち点3をゲット。
スタンフォード・ブリッジで10年ぶりの勝利で、かつシーズンダブルは03/04シーズン以来とのこと。
今シーズン悪い記録ばかり更新していたが、久々にいい結果を見た。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ