アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【 カラバオ杯準決勝1st アーセナル VS リヴァプール】 23分ジャカ退場も耐えて守ってドロー

 ■結果 アーセナル(A)   0-0   リヴァプール

FAカップ
アーセナル(A)   0-0   リヴァプール


【得点】

 

■4-4-2 ジャカ復帰

f:id:tsuda929:20220118235421p:plain

失意のFA杯から5枚交代
OUT:ウーデゴール、パティーノ、タバレス、ホールディング、レノ
IN:ラカゼット、ジャカ、ティアニー、ガブリエウ、ラムズデール

カラバオカップとはいえ準決勝までくるとどちらもほぼベストメンバー
ただし欠場者多く、万全ではない。



【スタッツ】

f:id:tsuda929:20220118235441p:plain

■戦評:ジャカ退場も70分耐えて価値あるドロー

この試合をどう評価すべきか難しいところ。
すべては23分という早い時間のジャカの1発レッド。
難しいボールだったとはいえジョタが走っているのがわかっていてあのプレーは軽率と言わざるを得ない。
またジャカ論争になりそうなプレーではあるが、このレベルのプレーが定期的に現れる事実が中心に添えることができなことを意味している。
そこからは、5バックでスペースを埋めつつ、しっかりはじき返し、90分の南野のシュートミスにも助けられてスコアレスドロー
リヴァプール相手に10人で70分を抑えたプレーは本当に素晴らしかった。


M.O.Mは、ホワイト
まさに鉄壁の守備で壁となりリヴァプールをシャットアウトした。

Embed from Getty Images

《悪かった点》

23分ジャカの退場
…もはや言い訳のできないプレー。どう考えても軽率すぎて、ジャカを中心に据えることはできない。ジャカがいないと恋しくなるのも事実だが、早く決別しないと、過ちを繰り返すことになるだう。

 

 

《良かった点》

カウンターの糸口
…これまで格上相手にべた引きしてしまうと、カウンターでチャンスを作ることができずにひたすら耐えるだけだったが、この日はサカを起点に何度かゴールに迫って、終盤にはティアニー→サカがあわやのシーンも作った。これも成長といえるのではないだろうか。

 


少なくとも1stレグが終わって0-0は悪くない。というかいい結果だろう。メンバー欠けすぎて2ndレグがどうなるか見えないけど、期待はしよう。

 

※1.16のノースロンドンダービーは延期が決定。
 正直コロナ理由が1名のみで、延期要請が通ると思ってなかったのでこれはラッキーだった。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ