アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【 カラバオ杯準決勝2nd アーセナル VS リヴァプール】 ジョタ止められず2失点で決勝進出ならず

 ■結果 アーセナル(H)   0-2   リヴァプール

カラバオ杯】
アーセナル(H)   0-2   リヴァプール


【得点】
19’  0 - 1 ジョタ
77’  0 - 2 ジョタ

 

■4-3-3(4-1-4-1)

f:id:tsuda929:20220123103642p:plain



1stレグから3枚交代
OUT:エンケティア、ジャカ、セドリック
IN:スミス=ロウ、ウーデゴール、冨安

ジャカ出場停止で、DMF足らずの影響もあり、アンカーにロコンガ置いてスミス=ロウ、ウーデゴールをインサイドハーフ的に起用。



【スタッツ】

f:id:tsuda929:20220123103658p:plain



■戦評:ジョタに翻弄され2失点

リヴァプール相手によく戦ったとは思うが、ジョタを止められず敗退。
戦いとしては悪くなかったが、ジョタの個人にやられた形。
1点目でジョタに振り切られた冨安は怪我明けでコンディションが万全でなかったようだ。
そして終盤にはトーマスが2枚のイエローで退場。
中盤いない中でほんとにもったいない退場を食らってしまった。

 

M.O.Mは、マルティネッリ
脅威となっていたのはマルティネッリ。ゴールの匂いもしていたがあと一歩届かず。

《悪かった点》

上手くいかないビルドアップ
…中央を締められるとビルドアップがうまくいかない。この日はウーデゴールがうまく動いてルートを作ってはいたが、うまく活用できず。結果ラカゼットも加わってゴール前が薄くなってしまうことが多かった。

 

トーマスの退場
…74分から出場のトーマスがイエロー2枚で退場に。アフリカネーションズカップ帰りの強行出場が仇となった。どちらとも大したピンチではなかっただけに悔やまれる。アルテタ監督は主要メンバーをコンディションが整ってなくても出場させることが多いが、プレーを含めて効果的とはいえず、駒が足りない中盤をさらに欠くという最悪の結果になった。

 

《良かった点》

序盤の戦いとリヴァプール相手に効果的だったカウンター
リヴァプール相手にマルティネッリがカウンターで有効だった。50/50のボール収めることができるし、仕掛けることもできてた。これまで上位チーム相手に引いたときにカウンターの質が良くなかったが、このあたりが改善されば上位チームも勝てる可能性が高まる。

トーマスの休養
…退場となってしまったトーマスだが、アフリカネーションズカップから明らかにタイトなスケジュールだったので、ここで強制的に休ませることができるのはいいことなのかもしれない。中盤不在で厳しいところだが、ロコンガのアンカー起用で乗り切ってほしい。


これで2022年に入って勝ちなし。
1/1PLマンC戦で負けて、FA杯で負けて、カラバオで1引分け1敗。
不安要素を払しょくしておくためにも日曜日のバーンリー戦からIBに入るのでここできちんと勝っておきたいところ。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ