アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ20-21シーズン】 最終順位と 順位推移【確定】

だいぶ遅くなりましたが最終順位を整理。

 

TOP6 TOP8チームの順位

f:id:tsuda929:20210607173929p:plain

2020-21最終順位

1位マンCは、2位12pt差をつけて86ptで優勝。
(改めて昨年リヴァプールが99ptだったことがすごすぎた)

一方、我がアーセナルの成績のひどいこと…
昨年に引き続き、8位。2年連続でまさかの8位ある。
勝ち点61pt。これは昨シーズンの56ptよりは上積みしているもののTOP4との差を痛感させられた。
負けは昨シーズンの10敗どころか13敗、失点は39点(昨シーズン48点)
  • ホーム :  8勝 4分 7敗= 勝ち点28
  • アウェイ:10勝 3分 6敗= 勝ち点33
昨シーズンのアウェイで勝てないというのが霞むほどのホームでの勝ち点の少なさ。
昨シーズン悪かったがホームでは勝ち点36pt(▲8pt)
この8ptあれば、TOP4に入れていただけにホームでの取りこぼしが痛すぎた。
 
 

上位チームの順位推移

f:id:tsuda929:20210607175302p:plain


こうやってみると、チーム力がよく分かる。
・序盤の混戦模様
・スタートダッシュに失敗したマンC、マンUの巻き返し
・各チームの取りこぼし

・そしてアーセナルの5節15位という低空飛行
 それが各チーム取り戻している時期での失速で手遅れに。
 10節以降この5チームの上に一度も立つことすらできなかった。

 

来シーズン、ヨーロッパのコンペティションが無いシーズン。
どうしたってゲーム数も減るし、スカッドのスリム化が必須。
その分スケジュールは楽になるので当然PLでの結果が必須。
試練のシーズンが続く。
 

 

 

 

 <関連記事>
↓2019-20シーズンの結果はこちら

 

arsenal2014.hatenablog.com

 
↓2018-19シーズンの結果はこちら

arsenal2014.hatenablog.com

↓2017-18シーズンの結果はこちら

arsenal2014.hatenablog.com

 
↓2016-17シーズンの結果はこちら
 
 ↓2015-16シーズンの結果はこちら
 
 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ