アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第21節 アーセナル VS マンチェスター・シティ】 マンCを攻略するも熱さが裏目に出て退場者だし逆転負け

 ■結果 アーセナル(H)   1-2   マンチェスター・シティ

プレミアリーグ】2022/01/01(土)
アーセナル(H)   1-2   マンチェスター・シティ


【得点】
31’  1 - 0 サカ
57’  1 - 1 マフレズ
90+3’  1 - 2 ロドリ

 

 

■4-2-3-1(4-4-2)

f:id:tsuda929:20220105185835p:plain

前節から1枚交代
OUT:ホールディング
IN:冨安

コロナ陽性から冨安が復帰

※ここ数試合4-4-2と表記してきたが、4-2-3-1へ戻しました。


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20220105185854p:plain

 

■戦評:先制するもPK与えて、退場者出して逆転負け

ここで試練があるかもというか、あるだろうと思っていた2022年初戦。
なんとも悔しい、惜しい敗戦となった。
ここのところマンCには全く歯が立っていなかったことも合って苦戦を予想していた。
が、その予想に反し序盤からプレスを敢行し、効果的に機能し、ボールを奪取した。
もちろん回避されることも合ったが、そのときにはしっかりスペースを埋めて決定機を作らせなかった。
そして奪った先制点!ティアニーの斜めのドリブルからサカに合わせてのゴール!見事だった。

しかし、、、
54分にジャカがPKを与え、同点にされると、
その直後に熱さが悪い方に出て、ガブリエウが2枚目のイエローで退場。
ここから守備重視で耐えてきたが、
アディショナルタイムにロドリに押し込まれて逆転を許し万事休す。
非常にもったいない敗戦となった。

 

M.O.Mは、トーマス
中盤での存在感は抜群で、ボール奪取能力、前へ運ぶ推進力、どれをとっても過去最高の出来だった。それだけに、ここからアフリカネーションズカップで離脱するのは痛すぎる。

Embed from Getty Images

 

《悪かった点》

ジャカのPK付与からのガブリエウの退場
…悪夢の5分となった。そのきっかけはジャカがPKを与えたプレー。確かにそこまで激しいものではなかったし、前半のウーデゴールへのファールがVARじゃなかったことなど不満は残るが、シャツを引っ張ってしまってはPKでもしょうがないところ。
そこで抗議でガブリエウが1枚イエローもらって、再開直後に中央付近でファイルして2枚目イエローとか、熱さが逆に出てしまった。これまで若手が引っ張ってくれているからこそ、ジャカなどは冷静でいてほしいのだが…

 

《良かった点》

前線からのプレスと退場後の守備
…これはかなり機能していた。カンセロ、ロドリ対策もマークのスライドもスムーズでロングボールを蹴らせて回収するなどかなり機能していた。退場後ボールは手放したが、それでもマンCを枠内シュート2(うち1つはPK)に抑えたことは誇っていい。

 

マンC相手にも推進力のあるビルドアップ
…中央のトーマスが上手く絡んでウーデゴールがさばいて、かなりボールを推進させられた。マルティネッリ、サカがロングボールを収められていたのも効果的だった。
マンC相手にここまでボールを動かしビルドアップできてたのは、正直驚きであった。

 


試練を予想するも躍動が止まらずマンCに勝てる好機であった。
それが故に、この魔の5分間がもったいなさすぎて悔しさが募った。
そして同点PK後も上手く守れていただけに失点のシーンだが悔やまれる。

でもガナーズは、マンCに真っ向勝負で処理の可能性があるところまで帰ってきたのだ! これま紛れもない事実だ!

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ