アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第23節 アーセナル VS バーンリーFC】 最下位相手に無念のスコアレスドロー

 ■結果 アーセナル(H)   0-0   バーンリーFC

プレミアリーグ】2022/01/23(日)
アーセナル(H)   0-0   バーンリーFC


【得点】
’   -  

 

 

■4-3-3(4-1-4-1)

f:id:tsuda929:20220125234849p:plain



カラバオカップの2ndレグから1枚交代
OUT:冨安
IN:ホールディング

中盤ジャカ、トーマスを出場停止で欠き、ロコンガをアンカーにした4-3-3


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20220125234902p:plain

 

■戦評:効果的な攻撃できずにスコアレスドロー

残念な結果。スコアレスロー。
終始ボールを保持しながらゴールが奪えずゴールが遠く無得点。
ロコンガを抑えられ中央を使えず効果的な攻撃できず、何度かあった決定機も決められず。

 

M.O.Mは、スミス=ロウ
後半サイドをえぐったシーンは見事だった。ラカゼットが決めてくれていれば…。ただこの日も途中交代。コンディションが完ぺきではないようだ。

 

 

《悪かった点》

ロコンガを抑えられた時の回避策
…2トップにロコンガを監視され、ボールを送ることができない。ただこれは想定もできたことで、ここからの回避がCB持ち上がりしかないのはさみしい限り。
 ロコンガのポジショニングの問題を挙げる人も多いが、アンカーを置いた中盤3枚のシステムはトーマスの時も機能していなかったので、ここでロコンガを責めるのは酷というもの。チームとしての成熟度の問題だろう。

 

選手層と大胆な起用
…この試合のベンチ入りメンバーを見れば選手層がとにかく薄い。実績があるのはレノ、エンケティアぐらいで、あとは10代選手がずらり。負傷者も離脱も多く、しょうがない部分もあるがナイルズの移籍のタイミングなどマネジメントの問題も散見される。 交代カードを切れないなら、逆に大胆に若手を起用してみて、悪ければ変える方がよかったかもしれない。それぐらいの思い切りが欲しかった…。

《良かった点》

 

ともかくここからIBへ突入で、次まで時間が空くので選手が戻ってくる&コンディションを整えるのが期待できる。
今はベストメンバーとそれ以外のメンバーの差が大きいことが問題なので、まずはベストメンバーに戻ってきてもれうことを期待しよう。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ