アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【第8節 アーセナル VS ブレントフォード】 3発快勝&15歳ヌワネリくん飛び級デビュー!! (プレミアリーグ)

 ■結果 アーセナル(A)   3-0   ブレントフォード

プレミアリーグ】2022/09/18(日)
アーセナル(A)   3-0   ブレントフォード


【得点】
17’  1 - 0 サリバ
28’  2 - 0 ジェズス
49’  3 - 0 ヴィエイラ

 

■4-2-3-1



第6節マンU戦から負傷絡みで3枚交代。
トーマスが復帰し、ウーデゴール、ジンチェンコが怪我で交代。
ヴィエイラがPL初先発。


【スタッツ】

 

■戦評:3発快勝!危なげなく勝利し首位堅持

開始早々に決定機を作ってそこからやや盛り返されるも、17分にCKからサリバが決めて先制。
ここからガナーズペースとなり、ジャカのクロスにジェズスが合わせて追加点。
後半早々にもこの日PL初スタメンのヴィエイラがミドルを決めて3点目。
ここから少しプレスを弱めたものの危なげなく快勝!昨日の結果で暫定3位になっていたが、しっかり首位の座を取り戻した。


M.O.Mは、サリバ
先制点は見事だったし、守備でも判断を誤ることなく、スピードでも負けることはなくハイラインの守備を統率した。

Embed from Getty Images

《悪かった点》

特になし!
強いてあげればウーデゴールが抜けたことで右サイドの連携が少し落ちたことだけど、ヴィエイラも充分にやってくれてたから比較すると少し落ちるのかもしれないが大きな穴になることもなく、さらに今後連携を深めれば更に良くなるだろう。

 

《良かった点》

5バックを見事攻略
…5バックで守備的な戦術を引いた相手に対して、CKから先制し出鼻をくじいて、斜めのクロスで追加点、最後はミドルと守備的でスペースがない相手の攻略法としてはお手本のような攻撃での得点だった。

ジェズスこれで4ゴール目!
そして、実は昨シーズンのラカゼット、オーバメヤンのシーズンゴール数と早くも並んだ!(これは素直に喜べないが…)

Embed from Getty Images

 

次世代のニュースターデビュー
…この試合で話題をさらったヌワネリくん15歳。PL最年少記録を塗り替えてしまった。アルテタも直感と認めていたが、3点リードしていたことも含めて持っているってことだろう。
ただ同時に比較で出てくるセスク・ファブレガスの若くしての活躍が改めてとてつもないもので驚いている!
 (反面、マルキーニョスのPLデビューが少し霞んでしまった。これもすごいんだけどね。)

Embed from Getty Images

 

 

この前の試合が延期になって、マンU戦の敗戦を引きづらないか気にしていたが、そんなことは全く関係がなく、好調さを維持し、ウーデゴールが抜けても遜色ないプレーができることを証明した!

 

依然として首位!

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ