アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【 FA杯3回戦 アーセナル VS オックスフォード】 前半苦戦も後半エンケティアの2ゴールなどで快勝

 ■結果 アーセナル(A)   3-0   オックスフォード

FAカップ
アーセナル(A)   3-0   オックスフォード


【得点】
63’  1 - 0 エルネニー
70’  2 - 0 エンケティア
76’  3 - 0 エンケティア

 

 

■4-2-3-1

PLニューカッスル戦から7枚交代
前線3枚とCBガブリエウが連続起用された
スミス=ロウがベンチ入り


【スタッツ】

 

■戦評:前半停滞も後半3発快勝

3分相手に前半は退屈な展開。両チームともシュートまで行けない。
ボールは持っているがアイデアがなくPA内まで攻め込めずパスミスも多かったしコンビネーションもいまいち。
後半に入ってやや持ち直して、60分過ぎに、ジャカとジンチェンコが交代で投入された直後から試合が動き出し、FKからエルネニーがヘッドで先制。そこからは力の差をしっかり示してエンケティアの2発で終わってみれば快勝。

 

M.O.Mは、エンケティア
2得点は冷静でストライカーらしいもの。これでジェズス離脱後4戦4発。ジェズスとやれることは異なるが、得点が生まれていることが何よりも素晴らしい。

 

《悪かった点》

明確となるレギュラー陣との格差
…前線3枚とガブリエウ以外ベンチ組が出場したが、特に中盤の差を感じた一戦となった。ロコンガは攻撃参加のタイミングが遅いし、相変わらずジョグが気になる。ヴィエイラは最終的には結果(2アシスト)を残して攻撃のセンスを発揮したもののミスも多くボールロストも多く課題を残した。(ミスが多かったのはグラウンド状態がいいものではなかったからもしれないが…)ヴィエイラについて、これだけロストがあるとIH起用は現状難しいと感じた。 ロコンガ、ヴィエイラの同時起用も難しい。

 

冨安の状態
…久々のスタメン起用で守備の部分は危なげなかったが、攻撃の部分やトラップの部分でやや精度に欠く部分があり物足りなさを感じた。空中戦でも負ける回数も多く、まだまだコンディションが上がっていないと感じてしまった。とはいえ守備は問題ないのでアルテタの信頼は変わらないと思う。

 

《良かった点》

スミス=ロウの復帰
…4ヶ月ぶりの復帰となったNo.10。プレーとしてはミスも合ったが、それでもNLD前に約15分間プレーできたことは好材料。WGとIHと両方のポジションでプレーしたが、可能性は感じた。ここから復活へ期待しかない。

Embed from Getty Images

 


4回戦の相手…マンC
このタイミングであたりたくなはなかったが、これがFA杯か。
タイトル取りたいのもあるが、ベンチ組の戦力押し上げが必須な今、貴重の試合数を失いたくはない。

次は1.15(日)ノースロンドンダービー
10月のホームでの勝利の再現を期待。トーマスのミドルがまた見たい。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ