アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【 カラバオ杯5回戦 アーセナル VS サンダーランド】 エンケティアのハットトリックなどで5発快勝

 ■結果 アーセナル(H)   5-1   サンダーランド

カラバオ杯】
アーセナル(H)   5-1   サンダーランド


【得点】
17’  1 - 0 エンケティア
27’  2 - 0 ペペ
31’  2 - 1 Broadhead
49’  3 - 1 エンケティア
58’  4 - 1 エンケティア
90+1’  5 - 1 パティー

 

 

■4-3-3 もしくは4-1-4-1

f:id:tsuda929:20211222232045p:plain



PL第18節から中2日。ウーデゴールとホワイトを除いて9枚交代。
CBは本来チェンバースを使う予定だったと思うが、コロナ陽性ということでホワイトが起用された。
ネイトランド=ナイルズも起用されると思ったが、体調不良(コロナではない)で欠場だった。つくづく持っていない。



【スタッツ】

f:id:tsuda929:20211222232022p:plain



■戦評:エンケティアの圧巻ハットトリックで圧勝

ベスト4をかけた戦いでサンダーランドが相手というのはくじ運がよかったのだろう。
おかげでメンバーを大幅に変えて挑むことができた。そして試合も圧倒した。

 

M.O.Mは、エンケティア
ハットトリックは見事。4回戦に続いてのMOM選出。
次点は1得点2アシストのペペ。

《悪かった点》

ホワイトとウーデゴールの起用
…悪いところはなかったのだが、しいていえば、過密日程の中休ませたかっただろうが、チェンバースとNナイルズの欠場で、メンバー的に起用せざるを得なくなったこと。

 

《良かった点》

エンケティアの得点感覚
…ゴールへの嗅覚と言っていいと思うがクロスに対する入り方とクロスに対する合わせ方が絶妙。3点とも簡単ではないゴールを簡単そうに決めて見せた。やはりエンケティアは手放したくない。

 

ぺぺの躍動とタバレスのドリブル
…この2人はこのレベルでは敵なし状態。ペペはあっさり抜き去るし、タバレスはドリブルがキレキレ。あとは相手のレベルがもう一つ上がった時にどうなるかだ。

 

ガナーズの将来パティーノ トップチームデビュー弾
…ついにパティーノがデビュー!そしてゴール!素晴らしいとしか言いようがない結果。ここから伝説が始まりそうな予感。乞うご期待。

Embed from Getty Images

 


ともかく欧州大会がない今シーズンカップ戦は控え組にとっても大事な戦い。ベスト4までこれたことは評価できる。
ここからは、トップチームが相手だ。

 

おまけ…

みんな気になったと思うけど、ホールディングの髪の毛が完全復活している?!

Embed from Getty Images

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ