アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【ヨーロッパリーグ GroupA-6 アーセナル VS FCチューリッヒ】 ぎりぎり薄氷の勝利で首位通過

 ■結果 アーセナル(H)   1-0   FCチューリッヒ

【EL】
アーセナル(H)   1-0   FCチューリッヒ


【得点】
17’  1 - 0 ティアニー

 

 

■4-2-3-1

エルネニーが復帰後即スタメン、ロコンガIHで出場。



【スタッツ】



■戦評:薄氷の勝利

薄氷の勝利。
試合の入りはボールが収まらずバタバタしてイマイチだったが、17分に幸先よく先制。
その追加点の匂いだけはしていたが、追加点を挙げられずにいると、終盤に流れを持っていかれて同点のピンチを幾度と迎えてしまった。
主力メンバー投入後もそれは変わらず、最後までギリギリの守備でなんとか乗り切った。
PSVが勝ってただけに引き分けたら2位通過だったことを考えると貴重な勝利だった。

 

M.O.Mは、ティアニー
先制ゴールも見事だったし、守備や組み立て部分でもらしさを出した。

《悪かった点》

終盤のネガティブな流れ
…途中まで完全に支配しておきながら終盤に流れを渡してしまうとその後流れを引き戻せなかった。主力投入しても引き戻せないのは厳しいかった。

 

冨安の怪我?!
…程度のほどはまだ分からないが、途中交代で負傷交代。ここまでいい流れできていただけに心配。ジンチェンコの復帰が間近なのが救いになるかも。

 

《良かった点》

何はともあれ首位通過
…薄氷とは言え首位通過したことは大きい。これでいきなりのCL3位チームとの対戦は免れた。


やや心配な内容であるがそれでも結果を出したガナーズ
これまでとは違うぞ!

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ